東京 高田馬場のロードバイク駐輪場「ROADBIKE PARK」

MENU

ロードバイクとママチャリの大きな違い

比較的シンプルな乗り物と言える自転車は、子どもから大人まで誰でも気軽に楽しめるアクティビティです。
自転車と聞くと、よく「ロードバイクとママチャリの違い」が挙げられますが、大体のイメージはできても、具体的な違いについては知らない方が大半でしょう。2つの特徴や違いについて説明します。

ロードバイクの特徴

ロードバイクの特徴

スポーツバイクの中でも「速さ」と「快適さ」が魅力であるロードバイクは、長距離走行を考えられた自転車です。その為、一般的な自転車と違いロードバイクは機動性と軽量化が重視されています。ハンドルもドロップハンドルと独特な形です。

ハンドルはサドルとほぼ同じかそれより低い位置にあり、走行時は前屈みの前傾姿勢になります。ロードバイクの姿勢は一見キツそうにも見えますが、実は人間の筋力を最大限効率的に働かせることができるポジションなのです。

ママチャリ(シティサイクル)の特徴

ママチャリ(シティサイクル)の特徴

日本で最も馴染みのある自転車と言えば、ママチャリです。ゆったりとしたスピードで走れ、載せた荷物の重みでふらつかないよう、ハンドルが近いのが特徴です。

また、またぎやすさを意識したデザインが多く、女性も楽に乗れるようスカートが絡むのを阻止するドレスガードなどのパーツも出ています。「遠くまで行く」のを目的とするロードバイクとは違い、「ちょっとそこまで」感覚の自転車になります。

2つの大きな違いとは

最近はロードバイクとママチャリ、両方ともジテツウ(自転車通勤)用として人気を集めています。自転車に使用されているフレームの素材やタイプの違いなど、様々な面で違いもありますが、その中でも1番大きな違いは、根本的に「使用目的が違う」ことです。

ロードバイクは元々、スポーツ・レース用に作成された自転車です。ママチャリと比べ、ロードバイクのタイヤの細さに驚く人もいますが、細いタイヤは転がったときに抵抗が少なく、速度を出しやすい特徴があります。スタンドやカバー、ライトなどが付属していないのも特徴です。

その反対にママチャリは乗り降りしやすく、自宅から買い物や会社など、約5キロ圏内の距離がメインになる為、スピードよりも快適さと丈夫さが第一です。

交通機関を利用する費用がかからず、満員電車や渋滞などのストレスから解放されるメリットから、日常生活での移動を楽にすると男女問わず注目されています。ママチャリやロードバイクを移動手段にする場合、盗難防止用にチェーンや鍵を使用するのが一般的です。

最近はロードバイク用駐輪場も多く設けられており、盗難はもちろん雨天時でも安心できます。24時間セキュリティ管理の整ったロードバイク用の月極駐輪場をお探しなら、東京都の高田馬場にあるRoadbike Parkをご利用ください。

道路渋滞や電車遅延を気にせず、日々の通勤利用やトレーニングの為の保管場所として快適な自転車ライフをお楽しみいただけます。ロードバイク用の駐輪場をお探しの際は、ぜひご利用ください!

コラム

駐輪場をご利用するには、会員登録が必要です

会員登録はこちら