東京 高田馬場のロードバイク駐輪場「ROADBIKE PARK」

MENU

ロードバイクに使われる素材

ロードバイクに使われる素材

ロードバイクは全体的にシンプルな構造が美しく、長距離・長時間走行に適していますが、購入を考えたとき、フレームの材質やタイプの違いに戸惑った経験のある人も多いでしょう。ロードバイクは材質の種類によって値段や乗り味、フィーリングも違ってきます。

使用されているフレーム素材を大まかに説明すると、アルミ合金、カーボン、クロモリ、チタンの4つに分けられます。各素材に魅力的な要素があり、一般的な自転車では体験したことのない爽快感や達成感を味わえます。

各素材の特徴

アルミ合金

軽量かつ高剛性で、錆びにくい特徴を持つアルミ合金は、初心者から上級者向けまで、様々なロードバイクフレームに使用されている素材です。金属製で丈夫なのが特徴で、スピードの速さや衝撃に強いなどの性能の高さに対して価格も良心的で、ロードバイク初心者に人気ある素材と言えます。

カーボン

しなやかさと軽さが魅力のカーボンフレームは、設計次第で硬くも柔らかくもなります。その為、レース用バイクの素材として使用されることも多いです。振動の吸収性が高く、路面の振動からくる体への負担を軽減してくれます。
価格は少し高めですが、ロングライドなどでも乗り心地の良さを求める人に人気です。

クロモリ(クロームモリブデン鋼)

バネ性に優れていて剛性が高く、クロムやモリブデンなどを鉄に配合した合金です。アルミより重さがある反面しなやかで振動吸収性が高く、バイクの乗り心地が良いのが魅力です。クロモリの素材を使用したフレームは細めに設定できる為、アルミやカーボンとは見た目が違う特徴もあります。

チタン

振動の吸収率と耐久性が抜群で、錆びに強いのがチタン素材の特徴です。アルミのような軽さを兼ね備えていますが、引っ張り強度が高く、より軽量なフレームを作ることができます。素材の中でもチタンは高価ですが、しなやかな乗り心地で根強い人気があります。

充実したライフスタイルはロードバイクから

充実したライフスタイルはロードバイクから

ロードバイクのフレームは、それぞれの素材の特性を「乗り心地」に活かすよう追及されています。ロードバイクは非常に魅力的な乗り物で、男女問わず幅広い世代で人気があります。と言うのも、自転車通勤は日常的な車の渋滞や電車遅延などに巻き込まれることがありません。

特に大多数の人で混雑する東京都内の移動手段は、ロードバイクのような自転車が1番でしょう。しかし、ロードバイクは盗難の発生率も比較的高く、チェーンや鍵で防犯対策をしていても、所有者は安心して駐輪することができない状況にあります。

東京のロードバイク用自転車駐輪場ならRoadbike Park

このような状況からロードバイク利用に悩む人の為に、Roadbike Parkではロードバイク用の自転車駐輪場を運営しております。充実した設備の中で、24時間安心・安全の保管をお約束します。高田馬場に設けた自転車駐輪場は、駅近で毎日の通勤・移動手段も楽々です。ロードバイク用で月極の自転車駐輪場をお探しのときは、ぜひご利用ください。

コラム

駐輪場をご利用するには、会員登録が必要です

会員登録はこちら