スクリーンショット 2016-02-22 13.49.30

さて、ロードバイクで町を走行しているとヒヤッとされた経験もあったかと思います。

皆様に安全にロードバイクに乗ってもらう為にも、

今回は車との接触が一番起きやすいケースとして、一番気をつけて頂きたい点を紹介したいと思います。

まずは自動車の運転手が左折時の未確認のケースです。

自動車運転手はロードバイクのスピード感を認識していません。さっき追い抜いた自転車がもうそこまできているなんて思っていません。

まさか自分の運転する車のすぐ横まで迫っているなんて考えていないのです。

ましては運転手ほとんど左折時の巻き込み確認は行っていないと思った方がいいです。

ですから左折しようとしている車には絶対に近づかない事

ましてや、自動車の左側並走は絶対やってはいけません。

何よりも、危険予知が非常に重要で、事故が起こりそうなパターンを何点が頭に叩き込んでおけば、

それを予知して走行していれば大凡の事故は防げます。

今回は1パターンを紹介しました。次回以降また紹介していこうと思います。