ロードバイク通勤!総称してジテツウですが、

今回は2パターン目の危険予知で、

進路変更した際の注意する点です。

よく幹線道路を走行していると道路左脇にベタ付けで車が停車(駐車?)している事がよくあります。

ロードバイク通勤危険予知

この場合、停車している自動車の右側を通るために、

ロードバイクは車線変更を余儀なくされさせられます。

気をつけなけらばならないのが以下二つ。

  1. 運転席側のドアを突然開ける可能性がありますので、ドアを開けるスペースを確保(約1m)して追い越します。運転手はバックミラーであなたを確認していても、まさか自転車がそんなスピードで迫ってる何て思ってないのでドアを開ける可能性があります。
  2. 同時に、あなたは車線変更の際に後ろから直進してくる自動車を目視確認。

忘れてならないのは、

3.右手を水平上げて後方車に車線変更の合図。

1.2 を瞬時に判断して、パスする前に3.を実施します。

都内走行していると、上記ケースが非常によくありますので、皆さん注意してジテツウして下さいね!